シェア

スピーカーから出るノイズを消す方法

スピーカーから出るノイズを消す方法

スピーカーからノイズが聞こえるという現象はよくあります。気が付いてしまうととても耳障りな音で、このノイズを消したい!という思いに刈られる方も多いのではないでしょうか。ノイズが気になる瞬間としては、無音の時が多いのではないでしょうか?ボリュームを0にしたときの「ノイズ」は夜中であれば「不安」を感じさせ、集中しているときであれば「苛立ち」を覚えるものです。音の種類としては、「サーッ」や「スーゥ」といったものが多いようです。

スピーカーの種類によりノイズの原因は様々です。Hohoron.comではスピーカーから出るノイズを消す方法、一般的な解消法原因をご紹介します。

従う手順:
1

高額、安価なスピーカー関係なくノイズは出る?

結論から言いますと、高額なスピーカーであればノイズは出にくくなっています。安価なものであれば、ノイズが出やすいものが多いのです。

ノイズの多くが「熱雑音」と呼ばれるものです。スピーカーには、半導体が用いられています。半導体とは簡単にいえば「半分電気を通すけど、半分は通さないよ」というような導体と絶縁体の中間のモノを指します。また、半導体にもランクがありますので、高額な半導体を使えば、製品単価は高額になります。高額な半導体は、半導体になる前の状態において大変純度の高い合金を使用しておりますので、99% 99.99% 99.999%など純度の高い合金を使用することにより、高品質な半導体が作られているのです。ですから、安価=半導体の質が低下していると考えられます。

高額なスピーカーでは、高品質の半導体を使用するだけでなく、さまざまな抵抗を緩和させる措置が取られいることから、ノイズが出にくい製品となっているのです。

2

ノイズの原因ノイズの原因としては、熱抵抗が高くなっていることが言えます。それを回避するには抵抗を低く、減らしていくことが重要になってきます。バランスの取れた配線や設置などが必要です。また、周波が出るような機器がスピーカー近くにあるだけで、ノイズが発生する要因にもなります。ただし、高額なスピーカーの場合、このような状況も想定され設計されていますのでノイズが大きいようでしたら、配線のアンバランスさが原因であることが多いのです。熱がこもってしまうとやはりノイズ発生の原因となります。高温多湿により熱抵抗が上がり発生するのです。ノイズが出た場合冷やすことが大切とされていますが、高温多湿な環境を作らない努力が必要となります。熱抵抗が起こったときは、一度操作をやめてみるというのが手っ取り早い方法です。

オーディオ用の配線のアンバランスさがノイズを大きくしている可能性もあります。ケーブルバランスもノイズに関係していますので、あまりノイズが続くようであればケーブルの差し直しなどでバランスを調整してみて下さい。

3

ノイズの種類

商用電源やパソコンのデジタル信号等の要因で外部から侵入するノイズは「ブーン」という音がします。これを「ハムルノイズ」と言います。雷などが原因であれば、「バチ」という音がします。これを「インパルスノイズ」と言います。LANケーブル、USBケーブルからするデジタル信号のノイズは、「ガー」「ピー」と音がします。スマホの充電器から聞こえてくる高音の「ピー」というノイズはこれと同じです。複数に要因が重なり出るノイズを「ピートノイズ」と言います。

このノイズの種類を聞き分けることで、ノイズに対する対処法も変わってきます。今の生活中には、複数の信号源が身近に存在します。一概にこれが原因だと特定出来ないケースも多く、複数要因を一つ一つ取り除いていく必要があります。掃除機の信号源でもノイズが発生することがありますし、電子レンジやテレビなどが原因であることもあります。生活の多くに信号源がありますので、スピーカーを設置する環境整備もノイズを起こさない為には必要なことです。とはいえ、そのような環境づくりは非常に難しいのが現状です。

家庭用のスピーカーだけでなく、自動車に取り付けているスピーカーでもノイズが出ています。音楽を聴いている社内でも「サー」といった異音が聞こえてくることがあるのです。こちらは、熱抵抗が上がったため発生することが多いようですが、熱抵抗以外でストケーブルの接触に何らかのトラブルが起きている可能性があります。一度確認のため、業者に見てもらうか配線をやり直してみると、ノイズは消えることが多いようです。

また、スピーカーだけでなく、イヤフォンからもノイズを聞いたことはありませんか?Bluettoothで同期させているイヤフォンからは「ピー」という異音がが聞こえていることがあります。ジャックに差し込むタイプのモノでも「サー」と異音がしている物がありそれは接続の不具合であり使用機器には合っていないイヤフォンであるといえます。気にならない人は、まったく気にならないノイズですが充電中のノイズですら気になる人には本当に消えてほしい異音です。

そういった方は、できるだけ純正品を使用することでノイズ音は静かになり耳障りでなくなります。

スピーカーも純正品のケーブルに交換するだけで、だいぶノイズが解消されたという方々も多く、製品ごとの癖を理解してケーブルなどの準備する必要があるのだと感じました。全て純正品がいいわけではありません。予算の関係上やあるものを利用したいという気持ちもありますので、どうしても気になるノイズがあるのであれば一度純正品を試されると違いが見えてくるかも知れません。また、タコ足配線を利用し電源を取っているとノイズが発生しやすいという事もあるようです。

ノイズを避けるためにもできるだけ主電源に近いコンセントから電源を取るようにしてみて下さい。延長ケーブル事態からノイズがでている場合もあり、その場合そのノイズがスピーカーから聞こえることもありますので、やはり差し替えが必要です。

海外の電源を利用して充電を行う際も、かなりのノイズが聞こえています。ポータブルスピーカーを充電していたらノイズ音が消えず、翌朝煙が上がっていたという事がありますので、一度触れてみて本体が熱を帯びているようでしたらコンセントから抜くことをお勧めします。大変高額なスピーカーでしたので、知人の凹み用は相当なモノでした。

大事にしたいスピーカーだからこそ、無理な使い方は避け長く大切に使っていきたいものです。

スピーカーから出るノイズを消す方法と関連した記事をチェックしたい場合は、携帯・カメラ・オーディオのジャンルから探すことができます。

スピーカーから出るノイズを消す方法に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

スピーカーから出るノイズを消す方法
スピーカーから出るノイズを消す方法

トップに戻る