シェア

Adobeリーダーでpdfをjpegに変換する方法

Adobeリーダーでpdfをjpegに変換する方法

パソコンを買うとほぼ同じタイミングで買いそろえるのがofficeソフトだと思いますが、それと同じくらい重要性かつ汎用性が高いアプリケーションにAdobeリーダーというビューアソフトがあります。これは、作成した文書ファイルやスキャニングした画像ファイルをそれらを閲覧するビューアがなくても、pdfファイルの状態であれば誰でも閲覧することができるソフトのことです。「この文書ファイルを送りたいけど、送付先の相手がここのファイルを閲覧できるソフトを持っていない‥どうしよう‥」といった場合に役立ちます。送付先の相手がAdobeリーダーさえインストールしていれば、大概のファイルをpdf形式で閲覧することが可能です。しかもネット上で無償インストールできますので、パソコンを買ったら取り敢えずインストールするといった場合が多いと思います。こんな便利なpdfですが、PC作業をしていると、pdfファイルからjpegファイルに変換したくなることがよくあります。jpegファイルにすることで、画像編集が簡易的になるからです。今回はその方法について見ていきたいと思います。

従う手順:
1

Jpeg変換する方法はいくつかありますが、一番手軽でお金がかからない方法をご紹介しますね。変換処理は無償ソフトのAdobeリーダー内で簡単に行えます。まず、変換するpdfファイルを開いてください。次に、「ツール」→「選択とズーム」→「スナップショットツール」をクリックしてください。

出典:pasofaq.jp

Adobeリーダーでpdfをjpegに変換する方法 - ステップ1
2

次に、画像変換するエリアをドラッグ&ドロップで選択してください。

出典:pasofaq.jp

Adobeリーダーでpdfをjpegに変換する方法 - ステップ2
3

これでpdfファイルを画像ファイルとして扱うことが可能となります。

ただ、デフォルトの設定では解像度が低くなっていますので、変換した画像ファイルの画質は粗いです。「編集」→「環境設定」から解像度の変更が可能ですので、少し上げるとまともな画質になります。ここで解像度を上げすぎると変換に時間がかかってしまいますので、ある程度までに抑えておきましょう。

4

以上、pdfファイルをjpegファイルに変換する方法について見てきました。いかがだったでしょうか。pdfファイルは、受け取り手に中身を編集されたくないという意図で作成されることが多いです。CADで作成したモデルデータであれば、組み立て状態の概略全体モデルは見せても詳細な部品構成は見せたくないということは多々あります。一般的に見てほしいデータや文書だが中身はいじって欲しくない‥そんな時に上手く活用できるのがpdfファイルです。しかし一方で、画像として編集がしたいというケースが多いのも事実です。Adobeアクロバットを使用すれば簡単に行えますが、これはリーダーとは違い有償ソフトです。変換する作業くらいはお金をかけたくないですよね。上記の方法ならそれが可能ですので、是非一度試してみてください。

Adobeリーダーでpdfをjpegに変換する方法と関連した記事をチェックしたい場合は、ソフトウェアのジャンルから探すことができます。

Adobeリーダーでpdfをjpegに変換する方法に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

Adobeリーダーでpdfをjpegに変換する方法
31
Adobeリーダーでpdfをjpegに変換する方法

トップに戻る