シェア
シェア:

facebookの本人確認を回避する方法

工程
 
facebookの本人確認を回避する方法

今やSNSは現代社会において欠かせない必須情報サービスになりました。出始めた当初は色々な議論を呼び話題になりましたが、震災などの緊急時に被災状況把握ツールとしてかなり有効に働きました。プライベートはもちろん、ビジネスや行政サービスにおいても幅広く利用されているサービスです。そんなSNSの2大サービスとも言えるのがTwitterとfacebookです。両者は似て非なるもので、利用スタイルが全く異なります。大まかに分けると、匿名性があるかないかです。Twitterは匿名で呟いたり利用ができます。facebookは対照的に匿名では利用ができません。必ず本名で登録しての利用が前提となります。役所や企業でのFacebookの利用が多いのはそういった透明性の部分からきています。しかし、facebookの本人確認を回避する方法があったらと考える方も多いのではないでしょうか?今回はそれができるかどうかの可否も含めて見ていきたいと思います。

従う手順:
1

facebookでは、携帯電話番号、SMS通知、携帯メールアドレスの3点認証で本人確認を求めてきます。これを回避する方法については、結論からお伝えすると、可能です。しかし、失敗することもありますので、その点は理解しておいてください。まずはパソコンとWi-Fi等のネット環境を用意してください。パソコンはWindowsでもMacでもかまいません。

2

次に、facebook登録用フリーメールアドレスを取得してください。gmailでもYahoo mailでもかまいません。

3

次に、GoogleChromeをインストールします。Chromeの拡張機能から「User Agent Switcher」へアクセスし、インストールしてChromeに追加してください。

4

新しいアイコンが追加されますので、それをクリックしてください。すると、偽装先一覧が表示されます。「iOS→iPhone6」を選択してください。するとモバイル版のサイトへ遷移するはずです。あとはfacebookにアクセスして登録作業をするだけです。登録後、友達追加という画面が表示されれば、回避成功です。

5

以上、facebookの本人確認を回避する方法について見てきました。いかがだったでしょうか。要は、モバイル端末に成り済まして登録作業を行うということです。空アカウントはパソコンから大量生産されるため、facebook側からのセキュリティチェックはパソコンアクセスに重点を置かれます。この回避方法はその点を上手く利用した形となるのです。

いくらセキュリティがしっかりとしているメジャーなサービスと言っても、個人情報を一度ネット経由でアップロードしてしまえば必ず漏れる可能性があります。限りなくゼロに近いかもしれませんが、ゼロにはできません。そのことを考えると、携帯電話番号やメールアドレスを送信するのは気が引けますよね。個人情報は極力知られたくないですから。その様な時にはこの回避方法を一度試してみてください。

facebookの本人確認を回避する方法と関連した記事をチェックしたい場合は、インターネットのジャンルから探すことができます。

コメント (0)

facebookの本人確認を回避する方法に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

facebookの本人確認を回避する方法
51
facebookの本人確認を回避する方法