シェア
シェア:

ツイッター用語「リツイート」の意味とリツイートの仕方

ツイッター用語「リツイート」の意味とリツイートの仕方

若者に人気に高いコミュニケーションツールであるツイッターですが、140文字という限られた文字数の中で自分の意思を表現することが若者の間では人気のようです。長々と書き込むよりも、一言で気持ちを伝えるといったところのようです。

ツイッターだけでなく、SNSの中には多くのインターネット用語が存在します。ツイッターの中でいえば「リツイート」という言葉です。インターネットの中で使われる用語のことで、「リツイート」は、とTwitter上の言葉として用いられています。

Hohoron.comでは、「リツイート」の意味とリツイートの仕方について簡単にご紹介します。簡単にリツイートすることが出来、つながりを作っていくことが出来るTwitterは、我々の生活の中に溶け込み、ニューズ番組の画面下側に「ツイート」が表示されていることも増えてきました。若い世代だけでなく、老年層も「ツイート」していることについ先日驚きました。

140文字の中に様々な思いを込めて気持ちを「つぶやく」そのつぶやきがニューズ番組の意見として取り扱われるというのは、何だか不思議な気分です。

リツイートとは?

リツイートは「RT」と表現されることがあります。略語というやつのようです。リツイートと返信は違うのか?いったい何のこと?と、これだけ普及してしまっては聞きにくいいのではないでしょうか?TweetとはTwitterの中の用語です。

RTは、tweetの中の 「Re Tweet」の略語です。Tweetとは「つぶやく」という意味ですので、Reが付くことによって「もう一度つぶやく」という意味で使われています。

誰かが呟いたTweetに対して、もっと誰かに知ってほしい!知らせたい!というときに使うのが「リツイート」です。リツイートすることで、そのつぶやきを知らなかった「フォロアー」と呼ばれる人たちに知らせることが出来ます。こうしてこのつぶやきが拡散していくのです。知ってもらたいっ情報だけでなく、面白い情報もたくさんありご自身で拡散したいTweetを見つけることも楽しみの一つです。

Re TweetのTweetは「つぶやく」ですが、Reは、なんの略なのでしょうか?メールの返事にもついている「Re(リー)」ですが、諸説あり「レスポンス」が有力ではないかという事になっています。リターンのREではないかとか本当に沢山の説がありますが、意味合いとしては「レスポンス」が一番近いのでは?と言われています。レスポンスとは、「返信・応答」といった意味ですので、Re=返信的なものとメールをする人であれば感じ取っていたのではないでしょうか?直訳すれば「つぶやきに応答する」という事になります。

そうすると「もう一度つぶやく」とはかけ離れてしまうように思あえれますが、これがインターネット用語の面白いところです。リツイートについていえばTwitter用語となりますので、Twitterで用いられている専門的な用語になるので、SNSの共通用語とは少し異なるようです。

リツイートの仕方

リツイートしたいつぶやきを見つけます。そのつぶやきの下に「リツイート」という表示がありますので、クリックします。

「このツイートをリツイートしますか?」というメッセージが表示されますので、画面右下の青色のボタン「リツイート」をクリックすることでリツイートすることが出来ます。

簡単に「つぶやき」を拡散することが出来ます。自分の「フォロアー」だけでなく「フォロアー」の「フォロアー」へとどんどんつながっていくのです。

まとめ

リツイートは、Twitterの公式用語ではなく、日本語圏外のユーザーが作り出した文化、言葉だといわれていますが、誰が作ったかまでは特定されていないようです。英語県内の人が作ったのではないかといわれています。

リツイートは「RT」と略されますが、引用という意味で「QT」という言葉もよくインターネット上では使われています。似た言葉や表現が多く使いユーザーにより表現が異なってくるところもつぶやきで面白いところといえます。決まりは140文字以内の投稿というだけで他は自由な表現が認められているのです。

リツイートを違った表現であらわしていたとしても、「間違っている」わけではありません。表現が多彩なのです。多彩なだけあって、「??」疑問符が付くことも多々あります。今は、「リツイート」といわれていますが、数か月後は別の方言が主流になっているかもしれない、ゆるく楽しむことが出来るのが「Tweet」なのです。あなたならどのようなつぶやきに、「リツイート」したくなるのでしょうか?

「つぶやき」であっても個人の意見や感性です。140文字の中に「つぶやいた」人の感性や個性、今の感情が現れています。とてもユニークで楽しいコミュニケーションツールではありますが、仕事中につぶやいたり機密を漏らしてしまう人がいることも事実です。それをリツイートすることにより、世の中に拡散していくので、つぶやきにも気遣いと良識が必要になります。携帯であれば「スクリーンショット」を使って画像としてデータを残すこともできますし、削除すれば消えるというもののでもないのがTwitterです。

今の「気持ち」を140文字の中に込めるという事は、俳句の文化がある日本では好まれているようです。昔から決められた文字数に思いを乗せることが好きな日本人にTwitterはもってこいのツールだったようです。

ツイッター用語「リツイート」の意味とリツイートの仕方と関連した記事をチェックしたい場合は、インターネットのジャンルから探すことができます。

コメント (0)

ツイッター用語「リツイート」の意味とリツイートの仕方に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

ツイッター用語「リツイート」の意味とリツイートの仕方
21
ツイッター用語「リツイート」の意味とリツイートの仕方