シェア
シェア:

Twitterで鍵付きアカウントにする方法

Twitterで鍵付きアカウントにする方法

Twitterにはアカウントを「鍵付き」にすることが出来ます。これはツイートを非公開にするということで、鍵付きにするとフォローが承認制になり、承認済みのフォロワーしか自分のツイートが表示されません。Twitterでのつぶやきは特に何も設定しなければ誰でも閲覧できます。気軽につぶやくことが出来る半面、プライベートなツイートになることもあるので、赤の他人には見られたくないという方も多いのではないでしょうか。ここではTwitterで鍵付きアカウントにする方法をお伝えします。

従う手順:
1

鍵付きアカウントにする方法

まずは、https://twitter.com/を開きます。そして鍵を付けたいtwitterのアカウントでログインをします。その後アカウントのタブにある歯車のマーク⇒設定の順にタップします。そうすると【アカウントトプライバシー】というページになりますので【編集】をタップして、「ツイートを非公開にする」にチェックを入れます。パスワードを要求されますので入力し、保存を押せば設定は完了です。設定がきちんとできたかどうかは自分のアイコンを見れば確認できます。アイコンの横に鍵マークがついていれば、きちんと設定が完了した証です。設定は反映されるまで少々時間がかかる場合もありますので、少し時間がたってから確認するとよいでしょう。

参照元:enjoy.sso.biglobe.ne.jp

2

ツイートの公開・非公開は随時変更可能

Twitterのアカウントを鍵付きにした後、やっぱり自分のツイートを公開したくなった時は、同様に操作することで鍵を外すことが出来ます。同じくアカウントプライバシーのページから「ツイートを非公開にする」のチェックを外します。パスワードを入力し、保存を押せば設定は完了です。設定がきちんとできたかどうかは同じく自分のアイコンを見れば確認できます。ツイートの公開・非公開は上記の設定で簡単に出来ますが、ただし、その場合公開されるのは、設定変更後のツイートではなく、これまで非公開にしていたツイートもすべて公開となりますのでその点だけご注意ください。見られたくないツイートがある場合は慎重に操作することをお勧めします。見られたくないツイートをする場合は、つぶやくまえにこの設定を確認するとよいでしょう。

Twitterで鍵付きアカウントにする方法と関連した記事をチェックしたい場合は、インターネットのジャンルから探すことができます。

コメント (0)

Twitterで鍵付きアカウントにする方法に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

Twitterで鍵付きアカウントにする方法
21
Twitterで鍵付きアカウントにする方法